ランサムウェアのサイバー攻撃に注意!感染するとどうなるの?取引先に影響は?

近年、コンピューターウイルスによるサイバー攻撃が相次いでいます。「ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)」「Emotet(エモテット)」…皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ランサムウェアとは?

被害者から身代金(ランサム)を要求するマルウェアのことです。
ランサムウェアは、フィッシングメール、悪意のあるウェブサイト、不正なダウンロードなどを通じて感染します。

感染するとどうなるの?

ランサムウェアに感染すると、コンピューター内のシステムやデータを暗号化(ロック)されてしまいます。暗号化されたファイルやデータには、暗号化を解除しないとアクセスできません。ファイルだけでなく、端末ごとロックされてしまう場合もあります。

攻撃者は、暗号化を解除できる「複合化キー」と引き換えに身代金を要求します。身代金は仮想通貨(Bitcoinなど)で要求されることが多いです。なお、身代金を支払っても解除されない場合もあります。

セキュリティの見直しを

「会社が被害に遭った」「病院のシステムにランサムウェアが…」というニュースをよく目にするかと思いますが、ターゲットは企業だけではありません。あらゆるユーザーや組織がランサムウェアの標的になり得ます。他人事と考えず、一度ご自身のコンピューターセキュリティを確認してみましょう。

「セキュリティに不安があるが、何を見直せばいいか分からない」
「ウイルス対策ソフトはどれを選べばいいの?」
「今使っているパソコンにセキュリティ対策を追加できるのか?」

そんな疑問はぜひ、地球屋までご相談ください。御社のセキュリティ対策をお手伝いします。

(最終更新日:2023年10月6日)

お問い合わせ

その他のトピックスを読む

トピックス一覧へ

前のページに戻る

リンク